ホーム  >  更新履歴  >  5月16日(火)遊びに来ませんかスタジオへ 舞台『春のめざめ』をご紹介

5月16日(火)遊びに来ませんかスタジオへ 舞台『春のめざめ』をご紹介

5月16日(火)の「遊びに来ませんかスタジオへ」は、5月23日(火)までKAAT神奈川芸術劇場大スタジオにて好評上演中の『春のめざめ』のお話を制作課・千葉さんに伺い、主演の志尊淳さんからのコメントをお送りします。

1891年ドイツの劇作家フランク・ヴェデキントによって書かれた名作戯曲『春のめざめ』。思春期の少年たちの性への目覚め、生きる事の葛藤、それに対する大人たちの抑圧などが描かれ、そのセンセーショナルな内容から当時上演禁止の処分を受けた問題作。2006年にブロードウェイでロックミュージカルとして上演され、話題になりました。今回はヴェデキントの原作をもとに、これまでにない『春のめざめ』をストレートプレイで上演中です。

演出は2016年から神奈川芸術劇場の芸術監督を務める、白井晃さん。出演は優等生のメルヒオール役に志尊淳さん、友人で劣等生のモーリッツ役に栗原類さん、幼馴染みのヴェントラ役に大野いとさん。
白井さんが求める表現力に、それを上回る演技で応える彼らの力は回を重ねる毎に変化していくでしょう。また周りを固める出演者達の表現力も圧倒されます。
『春のめざめ』白井晃版は原作を忠実に描き、独特の舞台装置と相まって、普遍的なテーマを観る人に力強く訴えます。上演前後の演出にも工夫が凝らされ、場内に入った瞬間からその世界を体感するでしょう。
ぜひ劇場でご覧ください!

20170516072542-7ea597ba858f4c19a8b48758999153e20887fc8a.pdf harumeza_266.jpg 志尊淳さん harumeza_448.jpg 大野いとさん harumeza_394.jpg harumeza_105.jpg 栗原類さん

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「春のめざめ」
2017年5月5日~23日 於:KAAT神奈川芸術劇場〈大スタジオ〉
主催:KAAT神奈川芸術劇場
撮影:二石友希

【原作】フランク・ヴェデキント【翻訳】酒寄進一 【音楽】降谷建志
【構成・演出】白井 晃
【出演】志尊 淳 大野いと 栗原類
小川ゲン 中別府葵 北浦愛 安藤輪子 古木将也 吉田健悟 長友郁真 山根大弥 あめくみちこ 河内大和 那須佐代子 大鷹明良 
本公演及び写真使用に関する問い合わせ
KAAT神奈川芸術劇場
231-0023神奈川県横浜市中区山下町281
TEL045-633-6500
制作:勝優紀、石井宏美
  • 防災
  • インタ^ネットで配信
  • jcba
  • guest
  • towlinestrip

  • 横須賀市
  • 湘南信金
  • MUSIC BIRD
  • 湘南国際学院
  • Pearl Road
Copyright©2016.FM Blue Shonan All Rights Reserved. Designed by BlueDiamond
ページの上に戻る